ストレッチ

生活に健康食を取り入れよう|亜麻仁油でヘルシー生活

抗酸化作用で細胞を保護

ブルーベリー

紫外線に強い天然色素

アントシアニンとは、ブルーベリーやブドウなどの、色の濃い果実に多く含まれている、天然の色素です。なぜ果実に多く含まれているのかというと、果実は種を残すという意味で、植物がその後も存在し続けていくために必要なものだからです。長年かけて成長してきた幹の部分と異なり、生まれたばかりの果実は、紫外線の影響を受けやすいです。それによってもしも乾燥して枯れてしまったら、その中にある種の力も一緒に失われてしまいます。しかしアントシアニンには、この紫外線の影響をブロックする力があります。そのため果実には、アントシアニンが含まれているというわけです。そして人間も、紫外線の影響を受けますし、それによって体が弱っていきます。しかしこれも、アントシアニンの摂取により防ぐことが可能です。そのため多くの人が、紫外線対策としてアントシアニンをサプリメントで摂取しています。

紫外線から受ける影響

具体的に人間が、紫外線からどのような影響を受けるのかというと、まずは肌細胞が酸化して、それによりシミができやすくなります。また、目は乾燥しやすくなったり疲れやすくなったりしますし、それによって視力の低下が招かれます。さらに体内では、癌細胞が生み出されやすくなります。このように、紫外線を浴びることで美容面や健康面での様々なトラブルが引き起こされるのです。そのため、それを防ぐことができるアントシアニンのサプリメントには、高い人気があります。もちろんブルーベリーなどを食べることでも摂取できますが、サプリメントだと一層手軽に摂取できます。たとえば仕事中や旅行中など、簡単にはブルーベリーを手に入れることができないような状況でも、日頃から持ち歩きやすいサプリメントなら、すぐに飲むことができるのです。